------12345678910111213141516171819202122232425262728293031-----
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ドッジーとぐうちゃん
- 2006/07/30(Sun) -
今日も早朝から支流小畦へ行き、ブラインドテントを設営。
目の前数メートルの枝に来るも僅か1~2秒足らずで飛び去り、撮影できない・・・・
日射しが出てきて、テント内の温度は次第に上昇、45度くらいかと思われる。
5時間粘って命の危険を感じる。こりゃダメだ・・・

霞川河口へ移動。
皆さん、春先に巣がアオダイショウに襲われたことを覚えているだろうか。
あれ以来ドッジーとぐうちゃんの消息は不明だ。
巣の周辺に翡翠が現れることも無かった。
ところが今日、あの巣の前に2羽の翡翠がやってきたのだ。
しかもうぶ毛や足の色から、今年の1番子に間違いない。一羽は雄

VIXEN ED-67S+GLH20 SONY-W5 SS:1/100 ISO:100 F:3.5 EV-0.3 焦点距離:13.7mm
2006073001.jpg

もう一羽は雌だ。
SS:1/80 F:4.5 EV-0.7 焦点距離:16.7mm
2006073002.jpg

よくよく見ると、雄はドッジーに似ているように思えるし、雌はぐぅちゃんそっくりだ。
放棄したと思われたあの巣から、雛達は見事に巣立ったのだろう。
それにしても、兄妹?そろって帰省とは・・・・
翡翠の世界にも夏休みってあるのかしらん(^^;)

いずれにせよ、ここ暫くは霞川から目が離せない状況になりそうだ。
写真は、雄の飛び出し。

Canon EOS-1D Mark II+EF300F4LIS SS:1/800 ISO:250 F:7.0 EV-0.67 焦点距離:300mm
2006073003.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 翡翠 | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。