12345678910111213141516171819202122232425262728
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鳥撮りマナー
- 2009/02/28(Sat) -
ヤラセ屋さんたちの常設小屋が撤去されたと聞いて、さっそく嵐山渓谷槻川へ出かけた。ヤマセミのポイント名、まして地図を公表するのは鳥撮り屋の世界ではタブーだが、あえて曝す。ポイントは小川小学校下里分校から1.2kmほど下流にある橋のすぐ下流だ。先週まで、この橋の上流、下流に3戸の常設小屋があった。
(下図の中央)
ranzan.jpg
午前5時50分現着、薄暗い中、さっそくブラインドを設営してスタンバイ。
午前6時30分、対岸の枝にヤマセミ飛来。
ここでレンズを振っては警戒されてしまう。撮りたい気持ちを抑えてじっと我慢・・・・
あら?ヤマセミは上流へ飛び去ってしまった・・・・撮っておくんだった(^^ゞ

カワセミがブラインドのすぐそばまでやってきた。

Canon EOS-1D Mark III+EF600F4LIS SS:1/400 F:5.0 ISO:800 EV-0.33
2009022806.jpg
午前8時半、解体させられたヤラセ小屋の住人がやってきた。
とりあえずこちらから「おはようございます」と挨拶を。
すると彼は「ここは俺らが何年も前から餌付けして撮影してるんだ。あんたがそこに居たんじゃ鳥が来ないから、どこかへ行ってくれ」
だっくが後から来たのなら、それも仕方ないだろう。
でも、今日はだっくが先に来ているのだ。それを、後から来て「何処かへ行け」は無いだろう。
餌付け自体は反対だが、それについてとやかく言う気はない。
だが場所については「早い者勝ち」が鳥撮り屋の鉄則だろう。
まぁ、そんなことを言っても通じる野郎ではなさそうだし、そんな奴のそばで撮っても面白くないのでブラインドを畳んで撤収した。
やはり非常識な常設小屋を造るだけあって、ホンモノの「非常識野郎」だ。

ついでに今はない彼らの常設小屋も曝すことにしよう。生け簀は健在で、今も魚を入れている。

2009021439.jpg
2009021438.jpg

午前10時、久しぶりに河原へ寄ってみた。
あらまぁ・・・景色が一変していた。川岸に生えていた植物が綺麗に刈り取られ、辺りは「丸裸」になっていた。
先に来ていたカメラマン達に聞いたところ、翡翠の出は良くないとのこと。
そりゃそうだろう、自然のブラインドを全部刈り取ってしまったんじゃ、やってきてもすぐに飛び去ってしまうよねぇ・・・

午前10時10分、公園に到着。
15人ほどのカメラマン達がにぎやかに撮影していた。
今日は朝からホバ大炸裂、2~30回はあったろうとのこと。
こりゃ凄い!
さっそく機材をセットして・・・・
う~ん?全然ホバらんぞ~

SS:1/800 ISO:200 EV-0.67
2009022810.jpg
待つこと1時間、やっと目の前でホバ!近くて短くて、ほんの数カットしか撮れなかった(^^ゞ
SS:1/1000 EV±0
2009022812.jpg
その後もホバのペースは遅く、30分に1度くらいだった。
露出補正失敗・・・・

SS:1/160
2009022817.jpg
SS:1/1250 EV+0.67
2009022821.jpg
予報よりも早めに空模様が怪しくなってきた。
午後1時半なのに、まるで夕方のような暗さ・・・

SS:1/80 -0.67
2009022829.jpg
午後3時、撤収を決め機材を片付け始めたとき、近いところで突然のロングホバ。
フードを取り外したままで取りあえず撮ったのだが、空抜けなのに露出補正する余裕がなかった・・・(;.;)

SS:1/1600 EV-1.0
2009022848.jpg
とにかく、疲れた一日だった。
これじゃストレス貯まる一方だ。明日はどうしようかな・・・北の谷へ行っても仕方ないし、西の谷は明日から釣り解禁。
う~ん・・・朝から公園かな・・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 翡翠 | CM(21) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。