------12345678910111213141516171819202122232425262728293031-----
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
母の愛
- 2007/01/07(Sun) -
昨日は終日雨のため撮影が出来なかった。
予報では、今日は北西の強風が吹き荒れるとのこと。
良く晴れているものの、予報通りの風が吹くのであれば撮影は難しい。
今日はデジスコを諦め、一眼レフのみを持って河口へ向かった。
風は・・・全く吹いていない・・・・ブラインドを張ってスタンバイ。

河口には3羽の翡翠が居る。
1羽は母親、残りの2羽は息子のようだ。
1月だというのに、この子らは巣立ちしていないのだろうか。
母親はもうボロボロだ。左胸と後頭部の羽毛が抜け落ちている。それでも、子供達に餌の採り方を教えている。
昨日もそうだったのだが、母翡翠はホバリングの最中に水面を見ていない。15秒もの長いホバリングからダイブに移り、水中に飛び込むことなくダイブを中止する。
子供達にホバリングの仕方を見せているのに違いない。
子供達もホバリングするのだが、ほんの2秒程度。しかも採餌に失敗している。

Canon EOS 20D SS:1/800 F:7.1 ISO:400 EV-0.67 焦点距離:600mm
2007010701.jpg

2007010702.jpg

2007010703.jpg

SS:1/400 F:5.0 EV-0.33 焦点距離:600mm
2007010704.jpg

2羽の子が自由自在にホバリングが出来るようになるころ、母翡翠は寿命を全うするのであろう。
この記事のURL | 翡翠 | CM(8) | ▲ top
<<出来不出来 | メイン | 仕事始め>>
コメント
--
だっくさん、こんばんは。
今日は、河原へ行かれたのですね。
母鳥の姿を見るだけで、涙がこぼれます。こんなにまで・・・
>母翡翠は寿命を全うするのであろう
絶対いやだ~と叫びたい気持ちです。
きっと、雛が遅く産まれたのですね。だから、きっと快復すると思います。そう祈りたいです。
2007/09/26 20:56  | URL | ocarina #-[ 編集] |  ▲ top

--
ocarinaさん、こんばんは
この母翡翠、悲壮感すら漂っていました。
ここ暫くはこの母翡翠の姿を追ってみたいと思います。子が自立して母翡翠が元通りに回復してくれると嬉しいのですが。
2007/09/26 20:56  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさんこんばんわ
翡翠にも高齢出産ってのがあるんですかね。それとも、産まれるのが遅くて自立がまだなんでしょうか。自然界は厳しいけど見ているしか仕方ないですね。5日のホバリングとってもクリアで綺麗ですね。翡翠にも色んなドラマがありますね。
2007/09/26 20:57  | URL | 初ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

--
初ちゃん、おはようございます。
生きることにこんなに懸命な翡翠の姿をみていると、自分はまだまだ甘いなぁと感じさせられましたよ。人間って、自然界の生物に比べると随分と楽な生き方してますよね~(^^;)
2007/09/26 20:57  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
思わず涙ぐんでしまいました。母親は一生懸命なのよね。体力ないのにホバリング頑張って教えて。子供達早く2秒かもっともっと長くホバリングすることを覚えて!
 テレビなどでも自然界の厳しさをよく目にします。同じように生まれても育たない子、あるいは抹殺されてしまう雛、色々あって、自然界の生き物の輪廻みたいなものを感じます。翡翠ちゃんたち、近くに外敵はいないようですね、それだけでもほっとしますが、お母さんの頑張り、頭が下がります。いい画像を有難うございます。人間は確かに楽しています。自分自身も含めて。
2007/09/26 20:58  | URL | ととろ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ととろさん、コメントをありがとうございます。
翡翠の雛にはしっかり育って欲しいけど、自然界で生き延びることが出来る数はある程度決まっていて・・・・弱肉強食の世界では弱いものは生き延びることが出来ないんですよねぇ。
それに比べて人間界・・・弱いものや悪いものが生き延びてしまいます。
最後には天罰が下るかも。
2007/09/26 20:58  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
私も、お母さん翡翠の一生懸命な子育てには、ウルウルしてしまいました。それに比べると、人間界の親は・・・私も含めて、これほど一生懸命子育てしたかと思うと・・・反省ばかりです。
弱肉強食の厳しい世界、マサイマラの草原でしっかり見て来ましたよ。
生きるためには一分たりとも、安閑として居られない厳しい現実を観て、なんと人間は怠惰に生きているのか思いましたが・・・今日もまた一日怠惰に生きてしまいました。
自然界の動物たちに申し訳ない。。。
明日は、少しはしっかり生きよう!!
2007/09/26 20:59  | URL | わさび #-[ 編集] |  ▲ top

--
わさびさん、おはようございます。随分と宵っ張りですね~(^^;)
人間も、本来はもっともっと、自然の中で強く逞しく生きていたんでしょうね。文明が人間を弱くしちゃったのかもしれません。生きる時間の長さではなく、生きることへの強い執着、これが大切のように思いますよ。
2007/09/26 20:59  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。