---123456789101112131415161718192021222324252627282930--
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今日は12時間・・・・
- 2007/05/04(Fri) -
朝5時半に河原でスタンバイ。
すぐに目の前を通過するも撮影できず。
その後4時間、音沙汰無し・・・う~ん、昨日と同じパターンか!?
9時35分、ついに、やっと来てくれましたよ!目の前のお立ち台にパーチ!

824M+14WE SONY-W5 SS:1/320 F:5.6 ISO:100 EV-0.7 焦点距離:7.9mm
2007050401.jpg

しかしすぐに飛び去り、全く戻ってこない。
午後1時、諦めて場所を変更。
霞川の巣穴の前に陣取った。
待つこと1時間半、その巣穴から1羽の翡翠が飛び出し、河口へ一直線。
でも10分後に戻ってきて、巣穴の上の枝にパーチ。

Canon EOS 20D+EF100-400f4.5-5.6LIS SS:1/400 F:6.3 ISO:400 EV-0.67 焦点距離:400mm
2007050402.jpg

巣の前で小さな「ホバリング」をして、穴の中に飛び込んだ。
SS:1/400
2007050403.jpg

SS:1/500 F:8.0
2007050404.jpg

巣穴で卵を暖めている時間は約1時間半。飛び出して10分後には戻ってきてまた抱卵。
しかも卵を暖めているのは雄ばかり。

SS:1/320 F:6.3
2007050405.jpg

雌翡翠はいったい何をしているんだ?姿をまったく現さない。
9連休の7日間は朝から夕方まで河原で過ごした。残る2日間は、ちょいと所用があり撮影は出来ない。
今月末、雛達が枝に並ぶのを楽しみに、ちょっと休憩(^^;)
この記事のURL | 翡翠 | CM(10) | ▲ top
<<防水迷彩布 | メイン | 撮ろう・・・いや、徒労だ>>
コメント
--
だっくさん、こんばんは~♪ & おはようございます~♪
題を見て、ドッキリとしましたが、ちゃんと翡翠君に会えて、ほんとうによかったですね。美しい背景で正面や横から綺麗に撮れたり、ホバリングや巣穴まで撮れたり、ほんとうに幸せな一日でしたね。これで、あとの2日間は、心置きなく、ゆっくりと用事ができますね。おめでとうございます~~♪
2007/10/02 19:24  | URL | ocarina #-[ 編集] |  ▲ top

--
ocarinaさん、おはようございますm(__)m
昨日もあわやボウズかと思われましたが、何とか免れました。抱卵時期ですから仕方ないのですけどね。GW、翡翠三昧で終わりました、我ながら感心するやら呆れるやら(^^;)
2007/10/02 19:24  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさん、こんばんは(*^_^*)

カワセミ三昧のGW
私も楽しませてもらいました~m(__)m
今回のは、特にカワセミさんの色合いが美しく撮られてますね~
うっとりしました。
巣穴に入っていくところは、私は見たことがないので
とっても珍しく感じました。TVなどではあるけどね(^^ゞ
2007/10/02 19:24  | URL | アプシー #-[ 編集] |  ▲ top

--
アプシーさん、こんにちは
GW最後の2日間は、翡翠から離れてちょいと出かけてきました。
渋滞にはハマらなかったけど、雨のため行動を制約されてしまいました。やっぱり河原で翡翠撮りの方が良かった~(。_・☆\ バキ
巣穴付近の撮影は、通行人に巣穴の場所を教えてしまうことになり、気を遣います。他の撮影者は皆「ほら、あそこが巣なんですよ~」と得意げに・・・ったく、困ったものです。
2007/10/02 19:25  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
だっくさん、こんにちは。
12時間ですか、段々記録を更新してますね。
以前山野草を撮ってる頃には、早朝から夕方まで撮り歩いていたことも
ありますが、鳥待ちでは無いですね。
2007/10/02 19:25  | URL | アンカーマン #-[ 編集] |  ▲ top

--
アンカーマンさん、こんばんは
春の日射しを浴びながら、河原で十数時間を過ごす、至福の時、最高の贅沢だと思っていますよ。もちろん翡翠が現れればもっともっと素晴らしいんですがね~(^^;)
2007/10/02 19:25  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
10時間の翌日は12時間ですか(@_@。
でも、その甲斐ある素晴らしいお写真ですね。
本当に「カワセミ命」と腕に彫り物がしてありそうですね(^_-)-☆
2007/10/02 19:26  | URL | papurika #-[ 編集] |  ▲ top

--
papurikaさん、こんばんは
今日入った情報によると、この巣はアオダイショウに襲われ、雌翡翠が犠牲になったそうです。卵がどうなったかは不明ですが、おそらく孵化することはないでしょう。
自然界の掟とは言え、残念でなりません(;_;)
2007/10/02 19:26  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
だっくサン、巣のところの写真珍しくて。でも、ショック!アオダイショウに襲われたって!自然のおきては残酷。生きとし生けるものの宿命なんだけど、悲しいです。
 卵を抱くのは雄ばかり。先日ペンギンの映像見ましたが、ペンギンのオスも卵を身体の下に入れて、直立不動で極寒の中、呑まず喰わずで一ヶ月かな立ちん坊。動物や植物界のオスは凄いなあ??って、家々、人間のオスも社会の荒波で戦ってくれてますって!
2007/10/02 19:27  | URL | ととろ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ととろさん、こんにちは
にっくきアオダイショウ!でもアオダイショウだって生きる権利あるんですよね・・・・カラスだって嫌われ者だけど、カワセミ色していたらきっと大切にされたでしょうしねぇ(^^;)
コウテイペンギンの抱卵、だっくも見ましたよ~。父親も凄いけど、お腹のなかにお魚をいっぱい溜めて戻ってくる母親もすごい!
でも、何故、海のそばで暮らさないのかしらん(^^;)
2007/10/02 19:27  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。