------12345678910111213141516171819202122232425262728293031-----
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
河口壊滅
- 2009/09/20(Sun) -
午前4時半起床、河口現着午前5時30分。

本日の画像は、ノートリ及びピクセル等倍を除いて全て、50%にトリミングした後750x530pixにリサイズしてある。

霞川の水位は更に下がった。もう、長靴は不要、トレッキングシューズで十分渡河出来る。
先日まであれほど大量の魚が泳いでいたのに、今はもう殆ど見あたらない。
それでもひょっとしたら姉セミが来るのではと、午前9時半まで粘った。

この間4時間、一度も翡翠の姿を見ることは無かった。
久々のボウズ・・・参ったなぁ。

午前10時30分、池に転戦。
1時間ほど待つと、幼鳥♂がやってきた。 ノートリ。

Canon EOS-1D Mark III+EF600F4LIS SS:1/1000 F:5.6 ISO:200 EV-0.33
2009092005.jpg
ここは午前中なら日差しがあり、低ISO高速SSで撮影出来るのが嬉しい。
SS:1/1000
2009092006.jpg

この幼鳥は、おなかが空くとここにやってくるようだ。約1時間~1時間30分おきに飛来する。
そして良くダイブする。採餌成功確率もなかなかのものだ。5割以上かも。
ただ・・・被写体までが非常に近いため、レンズの振りが遅れがちとなるのが辛い(^^;) お立ち台がもう少し高ければ、レンズの振りにも余裕が出来るのだが。

SS:1/1000
2009092012.jpg
SS:1/1600 ISO:320
2009092014.jpg

お魚をゲットし枝へ上昇。
SS:1/2000
2009092015.jpg

午後1時ちょうど、再び幼鳥♂がやってきた。
全くと言っていいほど傷んでおらず、とても綺麗な幼鳥♂だ。

SS:1/1000
2009092017.jpg

先ほどは百発百中だったのに、今回は3回目のダイブでやっとお魚ゲット。
SS:1/1000
2009092018.jpg
SS:1/1250
2009092020.jpg

午後2時過ぎ、再び幼鳥飛来。
SS:1/640
2009092023.jpg
SS:1/800
2009092027.jpg
2009092031.jpg

ダイブして魚を捕ったところに、子供達が遊びに来た。幼鳥は魚を銜えたまま飛び去った。
最後の1カットをピクセル等倍で。

SS:1/800 EV-0.67
2J8Z4579.jpg

ここは午前中はよく陽が当たり明るい。しかしながら、水面反射が強いので露出補正が難しい。最後の1枚を除いて-1/3補正で撮影したが、撮影方向、水面の状態によって適宜補正値を変更する必要がある。
午後は日差しは木立に遮られ、急に暗くなる。と言ってもやはり水面反射があるので、SSはさほど落ちない。このため被写体が非常に暗くなってしまう。被写体が暗くならないように補正すると、背景が白飛びしてしまう。う~ん、難しい~。

午後2時半撤収。

さて、明日はどうする?河口は明日もダメダメか?

VAIOKAZUさんからお借りしているW200の試写をしてみました。
コンデジってこんなに凄いんだ・・・いやぁ、吃驚しました!

SONY DSC-W200 SS:1/100 F:3.2 ISO:125 EV±0 焦点距離:10.0mm
2009092042.jpg
SS:1/640 F:8.0 ISO:125 焦点距離:7.6mm
2009092049.jpg
SS:2.0 F:4.5 焦点距離:15.0mm
2009092051.jpg

PS   Aさん、今日もフィールドをお借りしました。ありがとうございました。ちょくちょく寄らせていただきますm(_ _)m
あの小学生、凄いですね。人との対応の仕方、小学生レベルじゃありません!
う~む、私の方が見習わなくちゃ(^^;)
この記事のURL | 翡翠 | CM(8) | ▲ top
<<姉セミじゃなかった・・・ | メイン | 河口はダメダメ・・・>>
コメント
--
河口がだめでもキッチリ仕事はするという。
激解像すごいっす。ヒナのくせに精悍な
顔つきですねえ。今後が楽しみです。
河口いよいよ駄目ですか。連休中に
壊滅とはなんと意地悪な展開…。
2009/09/20 17:58  | URL | panoramahead #-[ 編集] |  ▲ top

--
センセ、こんばんは
昨日、今日と、ホントに参りました。あれほど出ずっぱりだったのが、わずか数日で激変・・・
姉セミやその他の雛達が気にかかって仕方ないのですが・・・
やむを得ず池での鳥撮りです。こちらは被写体までの距離が近いので、激写可能です。でも特盛りホバは期待できそうにないと思います(^^;)
2009/09/20 18:09  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-贅沢な-
近すぎるとは、なんと贅沢な悩みですね。
近さとレンズの解像力の良さで写真がとても
綺麗ですね。

ピクセル等倍もキレがありますね。
2009/09/20 18:33  | URL | 写楽 #dCQwuvSk[ 編集] |  ▲ top

--
写楽さん、こんばんは
遠くてもいいから、写楽さんのようにヤマセミ撮りたい~(^^;)
近すぎると、レンズを振るのが大変です。鈍いトロいのだっくは遅れてばかりです~(;_;)
2009/09/20 18:37  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは、上藤沢の隠居です。
そうですか、やっぱり姉セミでしたか。良かったです無事で居てくれて。河口に来なくなって一週間ほどになるのでしょうか?
縄張り争いに負けたから河口に来れないっていうのなら、勝った翡翠は何故河口に寄り付かないのでしょうか・・・。ここ2~3日の気まぐれな出来事ならいいにですが・・・。これって新たな心配事になっちゃうのかな!
2009/09/20 19:40  | URL | 上藤沢の隠居 #-[ 編集] |  ▲ top

--
ご隠居さん、こんばんは
中流ポイントで姉セミを確認して下さり、ありがとうございますm(__)m
良かった~、姉セミが生きていた~♪
それにしても、五右衛門も姉セミも河口に来ないのは・・・やはり水位が下がりすぎたからなんでしょうかねぇ・・・
2009/09/20 19:50  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top

-ご無沙汰しています。-
だっくさん、こんばんは。
今頃は、明日に備えて、夢の国ですね。
いろいろな翡翠が入れ替わり立ち代り出現して、いかにお魚の豊富なところかよく分かります。翡翠の生きる世界も厳しいですね。それにしても、あの美しい姉セミちゃんは、どうしたのでしょう。元気でいてくれるよう、祈りたい思いです。
2009/09/21 00:19  | URL | ocarina21 #Jc/liZao[ 編集] |  ▲ top

--
ocarinaさん、おはようございます。
上のコメントにもありますが、姉セミは300mほど下流のポイントにて、鳥友により撮影されています。
はい、ちゃんと生きていましたよ~♪
河口ポイント、現在水が干上がりつつあり、それが原因で皆散らばったんじゃないかと思っています。
2009/09/21 05:16  | URL | だっく #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。